メディアバジェットなしで話題化したクーポン施策とは

f:id:vinylunit:20170823225748p:plain

チェコのスポーツショップIntersportが実施したクーポン施策。メディアバジェットなしで大きな話題を生んだ企画です。

The Ad that Run / Intersport(2015)

日本と同じくランニングブームのチェコ。走った距離をソーシャルメディアでシェアするのがブームなんだそう(日本と同じですね)。そんなブームの波に乘って実施されたのがこちらの企画。

アイデアは単純で「走った距離だけ割引するクーポン」、これだけ聞くと誰でも思いつけてしまいそうなアイデアです。この企画が良かった点は、どのランニングアプリを使って走ってもOK、と参加ハードルを下げたこと。また、新しくアプリを開発したりしなかったそう。結果、ソーシャルメディアでのシェアを引き起こし、売上も16%アップしたとのことです。

こうした企画は、いざローンチすると参加者が少なくて困った…なんてことがよくあります。焦ってデジタルアドを追加出稿したり。そうしたことを防ぐためにも、参加ハードルが低く設定されているか確認し、本当に人が動くプランニングになっているか慎重に検討したいですね。

PLANNING TIPS

その企画は、参加ハードルが低く設定されているか

以上、スポーツショップが実施した施策のご紹介でした。

※記事内の画像はYouTubeよりスクリーンキャプチャ