伝説のドライバーを起用したハイネケンの飲酒運転防止CM

f:id:vinylunit:20170704200815p:plain

ハイネケンがF1のオフィシャルスポンサーになったことがきっかけで制作されたCM。全てのレース中継において、グローバルで放映されていたとのこと。今年のカンヌではFilm部門でシルバーを獲得しています。

When You Drive, Never Drink / Heineken (2016)

F1でワールドチャンピオンに3度輝いたジャッキー・スチュワートを起用したこのCM。彼はレースで勝利した後であっても、絶対にビールを飲みませんでした。CMは当時のドキュメンタリーからスタート。記録映像の中で、ハイネケンガールや関係者たちがハイネケンを持ち祝杯をあげるよう勧めますが、彼は絶対に手に取りません。そして時代は変わり現代へ。プライベートパーティーに参加するジャッキー・スチュワートですが、やはりここでもハイネケンを勧められますが断ります。そして一言。「No thanks, I’m still driving.」。そして、ハイネケンからのメッセージ「When You Drive, Never Drink」で締めくくられます。

CMのミッションは「(ビール会社だからこそ)この世界から飲酒運転をなくす」、コアアイデアは「F1チャンピオンは、絶対に飲酒運転をしない(権威者によるエンドース型話法)」、そのためのゴールイメージは「自分も真似したくなるクールな読後感」、といったところでしょうか。そのためのアウトプットアイデアは「ジャッキー・スチュワートが飲酒運転をしなかったという事実を、記録映像というリアリティを伴った手法で描く」ですね。 

PlANNING TIPS

担当商品に、著名人にまつわるストーリーがないかリサーチする

以上、ハイネケンの飲酒運転撲滅CMの紹介でした。

※記事内の画像はYouTubeよりスクリーンキャプチャ