あっと驚くものがハンドソープに?インドで実施されたソーシャルグッドキャンペーン

f:id:vinylunit:20170704213030p:plain

インドのハンドソープブランドが展開したソーシャルグッドな施策。今年のカンヌではPR部門でゴールドを獲得しています。

SAVLON HEALTHY HANDS CHALK STICKS / ITC SAVLON (2016)

インド人は手で食事をするのにも関わらず、農村部ではハンドソープを使う習慣が付いていません。そのため、手の不衛生のために子供たちが病気にかかり、亡くなってしまうという課題を抱えています。そんな課題を解決するアイデアが「ハンドソープ入りのチョーク」です。こうした農村部では、まだまだ黒板+チョークを使って授業や勉強を行っているそうで、チョークは子供たちにとって欠かせないツール。そんな習慣的に利用しているモノに着目したアイデアとなっています。この取り組みはインド全土に広がっていったとのこと。

簡単にデコンストラクションをすると、ミッションは「子供たちの手の衛生環境を守る」、コアアイデアは「ハンドソープ入りのチョークを開発する」、ゴールイメージは「子供たちが喜んで(自ら進んで)行動すること」、といったところでしょうか。

PlANNING TIPS

ターゲットの行動習慣に掛け合わせて考えてみる 

以上、子供たちの手の衛生を守るPR施策の紹介でした。

※記事内の画像はYouTubeよりスクリーンキャプチャ